楽天カードのメリット・デメリット

 

 

ilm05_aa07009-s

 

 

楽天カードは、大手インターネットショッピング会社が発行するクレジットカードです。

 

楽天カードに入会したきっかけの、メリットの魅力からお話したいと思います。

メリットは大々的に宣伝もしていますので、特に良かった点を紹介します。

 

 

1)年会費永年無料・入会金無料。

 

当時クレジットカードを持っておらず、自分の生活スタイルではどの程度使用するかが分かりませんでした。

 

年に数回、必要な時にカード払いをするだけなら、年会費を払ってまで持つ程ではないと思っていました。

 

楽天カードは、良くある「年会費は初年度無料」ではなく、ずっと無料ということが魅力でした。

 

 

2)ポイント還元率が高い。

 

通常の買い物で購入金額の1%、楽天市場での買い物なら2倍の2%~楽天ポイントが付きます。

 

また、ポイントアップイベントを頻繁にやっているので、10%還元されることもあり貯まりやすいです。

 

楽天で買い物をよくするならば、入っていた方がお得です。

結構あっという間に貯まるので、今までポイント支払いだけで色々購入出来ました。

 

次にデメリットを紹介します。

 

 

3)ポイントは楽天市場での買い物しか使えない。

 

楽天市場が出しているカードなので仕方ないですが、正直楽天で買い物をしない人には、カードを使って受けられる恩恵が全くないです。

 

せめて、支払金額に充填出来ればいいのですが、それも出来ません。

 

 

4)期間限定ポイントの有効期限が短すぎる。

 

ポイントアップイベントで加算されたポイントが、付与されてから2週間程度しか使えないことがあります。

 

気付いたら切れていたということもザラです。

 

 

イベントとして集客を行っているので、もう少し有効期限を長くして使いやすくしてもらいたいです。

 

このようにメリットでもあるポイント面が、デメリットとして足を引っ張っている印象を受けます。