楽天カードは審査が柔軟な事でも知られており、ポイント還元等のサービスも充実しています。

もちろんカードを作る為には審査が必要になり、無職の方でも審査に通る例もあります。

 

一般的には無職で収入が無いので審査に通らない傾向にありますが、無職でも審査に通る人と通らない人に分かれてきます。

 

審査はスコアリングで点数をつけて判断する事になりますが、この時に会社が確認する要素としては、年齢や職業、年収、居住年数であったり住居形態といったもので判断されることになります。

 

もちろん年収が多くて持ち家で家族が居て居住年数が多く勤務年数も長いというような方の場合は、貸し倒れリスクが少ないですから審査も通りやすくなります。

 

楽天カードは無職でも通る例が多いカードですが、通らない場合に考えられる事は、すでに他社に借金がある状態であるとか、過去のカード支払い履歴が悪い等では審査に通りにくくなります。

他にも成人以上では無い場合や、持ち家ではなく賃貸という場合もカード会社側からすれば住む場所が解らなくなるという不安要素になりえます。

 

・他社に借金がある

・カード支払い履歴が悪い

・持ち家ではなく賃貸

 

無職で賃貸で家族同居無しという場合は不利に働き審査に通らなくなる可能性が高く、無職でも親と同居で持ち家で暮らしている場合は審査に通る可能性が広がります。

 

カードの審査においては、返済能力があるかどうかを確認する事になりますから、それらの要素が非常に重要になってきます。